誰もやらないからアムコンがやる。

Episode3:つり革が日本を変える! ~ヴァルート誕生~

電車内のいつもの光景が教えてくれた

くし刃の代わりに目詰まりを防ぐ方法は何か無いか――。
開発メンバーが絶望的な結論に到達していても、創業者の信念は揺るぎませんでした。

「積層型が悪いのではない。
くし刃の代わりに目詰まりを掻き出す方法がきっとあるはずだ。」

1992年、正月明けに電車に乗った時のこと、解決策のヒントが突然目の前に現れました。
丸くゆらゆらと揺れる白い輪「つり革」が連なる風景――。

「これだ!!
リングを積層した濾過体にスクリューを入れて動かせば、
目詰まりを掻き出す効果が得られるのではないか?」

早速、社に戻った創業者は開発メンバーに話を伝え、
寝食を忘れて試作機づくりに取り組みます。


改良型ヴァルート誕生

「固定リングと可動リングを積層した濾過体」
「中心を貫くスクリュー」

から構成された、改良型ヴァルート試作機は、
これまでの課題を全て解決しました。

「多重板型スクリュープレス」に改良されたヴァルートは、
隙間を保ってリングを積層した濾過体の中を、
一定速度で回転するスクリューが汚泥を濃縮脱水し、
水分を濾過体の隙間から排出する構造。

濾布の縦糸と横糸で構成される濾過面に対し、
リングを積層した濾過体の濾過面は横糸のみのような状態です。
元々目詰まりしにくい構造に加え、
改良型ヴァルートは「可動リング」が目詰まりを掻き出す構造になっています。

人がフラフープを回すように可動するリングは、濾過面の目詰まりを常に清掃するのです。


これまでの『常識』が打ち破られた先へ

この改良方式により、これまで世の中になかった
洗浄水がいらない汚泥濃縮機・脱水機 が実現しました。
(※濾過体に付着した汚泥を流すための間欠的シャワーリングを行いますが、目詰まり防止洗浄とは異なり、使用水量は極少量です。)

目詰まり防止のための洗浄水が不要な、濃縮機・脱水機の開発に成功した後、
すぐに開発チームは次の目標に向かいました。
汚泥を脱水減容するだけではなく「活用」することへの挑戦です。

1996年には、
汚泥脱水ケーキを発酵させることで養分あふれる肥料にし、
汚泥を大地に戻す
ことが出来る農業集落排水処理施設向け汚泥処理装置
「デルコンポシステム」の開発に成功しました。

「誰もやらないから アムコンがやる」

私たちの強みの原点は、私たちが自ら汚泥濃縮機・脱水機を開発し、
実際にユーザーとして使用してきたこと。
私たちがユーザーであったからこそ、
現場で実際に日々汚泥と向き合う方の気持ちがわかる、
お客様にあったサービスや製品を提供出来ると考えています。
現状維持は衰退と同義。
「創っても、創っても、完成しないものづくり」 を、
今も私たちは続けています。